メダカに悪影響の蚊取り線香

ブログTOP : メダカに関する記事
[2018年8月9日投稿]
この時期、蚊に刺されるのを防ぐために蚊取り線香を使う機会があると思います。この蚊取り線香の煙はメダカに影響はないのか?調べてみました。

大日本除虫菊株式会社(キンチョー)ホームページで確認したところ金鳥の蚊取り線香にはピレスロイドのひとつである「アレスリン」が含まれているそうです。

今度はアレスリンをウィキペディアで調べました。
以下引用
【アレスリン類はヒトおよび鳥類に対して低い毒性を示し、RAIDや蚊取線香といった多くの室内用殺虫剤に使用されている。しかしながら、魚類および蜂に対しては高い毒性を示す。アレスリンに曝された昆虫は死亡する前に麻痺状態となる(神経系作用)。
また、屋外での蚊対策のための超微量散布スプレーにも使用されている。】

やはり魚類にも高い毒性があるとのこと。
蚊取り線香はメダカなどの魚類や甲殻類のエビまたカブトムシなどの昆虫にも害があるものと思われます。屋外また室内で飼っている場合にも殺虫剤を使う場合には注意が必要です。また蚊取り線香の他にもキンチョールやワンプッシュスプレーなども使用する際には気をつけてください。

蚊に関する余談
最も活発な気温は26度~32度で北海道にも生息し気温35度を超えると活動を停止します。血を吸う蚊は産卵前のメスで血液の栄養を求めて吸血します。また生涯に約4回産卵します。さされやすい人の特徴は呼吸が多く体温の高い人で汗の匂いや足の雑菌の匂いに敏感に反応するそうです。

今年は蚊に刺されないなーと思っていたんですが猛暑日の35度以上の日が多かったからなんですね。人間も蚊も暑さには弱いです。お身体にお気をつけください。

蚊取り線香
[2018年8月8日投稿]
道の駅でメダカすくい2018/8/11~
栃木県真岡市にあります道の駅にのみやで毎年ゴールデンウィークとお盆休みの期間中に行っているメダカ掬い…
[メダカに関する記事]

ブログTOP